読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛍光ピンクに思いを込めて

Like a Candy Paper Moon

謎家族~謙兄誕生日会~

謙「ただいま~…って、あれ、真っ暗…」
謙「…おかしいなぁ、ちょっとー?」
謙「ねぇ、ちょっと、誰もいないのー?」
ガチャ、
パンっパンっパンっパンっパンっパンっっっ
「「『謙にい、おたんじょうびおめでとーーー!』」」

クラッカーを鳴らしてパチッと電気をつけると、目を真ん丸にして驚いている謙兄。大成功ー!!!へへっ掴みはばっちり!
辰「はいはい、主役はこっちー!」
みゅ「謙にいこれつけてー!」
驚いたまま何かを言おうと、っえー!えー!なんて騒いでにやにやしてる謙兄をお誕生日席に座らせる辰兄。☆今日の主役☆って大きく書かれた襷をかけてあげる翔希に、ハッピーバースデーのティアラを頭にのせてあげるみゅーと。えー!やだー!いつから計画してたのー!やだー!なんてキャーキャー騒ぎながらみゅーと達にされるがままの謙兄はまるで女子大生だ。こんな光景この間学食で見た気がする。

照「謙兄、誕生日おめでとう!」
普段は謙太郎、なんて呼び捨てにしてるくせに、今日だけはわざと謙兄なんて呼び方しながらプレゼントを渡す照。
謙「えー!プレゼントまで用意してくれてるのーー?」
にこにこ嬉しそうにみんなの顔を見渡す謙兄に私たちもえへへ、なんて笑いが込み上げてくる。俺の好きなブランドだー!って綺麗にラッピングされた袋を抱き締める謙兄と、ぜってー喜ぶから!なんて自信満々に言う照。
謙「あれ?そういえば慧ちゃんどこいったの?」
帰ってきた時はいたよね?なんて謙兄がキョロキョロし始めた。

パチッ
謙「えっ?」
再び真っ暗になった部屋に、ケーキを持って現れる慧ちゃんと部屋に響く少し照れた歌声。
慧「はっぴーばーすでーとぅーゆー♪」
「「『はっぴーばーすでーとぅーゆー♪はっぴーばーすでーでぃあ、謙兄ちゃん~!!!はっぴーばーすでーとぅーゆー♪』」」
慧「謙兄、いつもありがとう。えっと、俺たちの世話をしてくれたり、兄さんもいつも忙しいのに、とっても、感謝してます。ケンカばっかで、子供で、頼りない俺たちだけど、これからもよろしく!」

今日のパーティーの主役は謙兄と慧ちゃん。皆でバースデーソングを歌った後に謙兄の大好きな慧ちゃんが謙兄に一言言ってからろうそく消してもらおう!って皆で考えたのだ。
謙「…慧ちゃんっ、(うるうる)」
慧ちゃんが照れながら、でもしっかりと伝えた感謝の言葉に既に泣きそうな謙兄(笑)。これは、サプライズ大成功かな?
辰「さー、ほら!はやく火消して!」
はやくはやく、って急かす私たちにうんって頷くとフー、っと一息で消えたろうそく。
おめでとー!いぇーい!とぱちぱちと手を叩く音の中、物凄く嬉しそうな笑顔で「もー!いつからこんな計画してくれてたのー?」なんて、照れ隠しなのか大きい声で言ってくる謙兄。
照「2週間ぐらい前だよな?」
辰「俺とあきらが料理担当で、」
翔「俺とみゅーとと慧ちゃんで飾り付け!」
みゅ「慧ちゃんがやりたい!って言い出したんだよ!」
慧「やっ、だっていつも謙兄にはお世話になってるし…」
みゅーとの一言に照れて俺が言い出したけど皆でやったんだよ!なんて主張する慧ちゃんはやっぱりとってもとっても良い子だ。なんて、そんな可愛い可愛い慧ちゃんをぎゅーってしたくなったのは私だけではないらしく
謙「もーー!!慧ちゃんありがとーー!!大好きーー!!!」
慧「わっ、ちょ、」
慧ちゃん大好きーー!!なんて何回も叫びながら慧ちゃんに抱き付く謙兄。と、ちょっとー重いよーなんて言いながらも嬉しそうな慧ちゃん。
『慧ちゃんばっかずるいー!』
私もー!と言いながら謙兄に背中から抱き付くとあきらずるいー!俺もー!って言って抱きついてくるみゅーと。
辰「俺もまぜろー!」
翔「わっ、あぶない…わぁぁぁあ!」
『いった…!ちょっと照!重い!』
照「俺だって動けな…うわ!!おい!おいやめろみゅーと!ぎゃはははははっおいっ、やめろってくすぐるな!ぎゃはは」
なんてギャーギャー言いながら7人でぎゅーってし合って倒れて結局もみくちゃ状態(笑)
謙「ひゃはははっ!あーもう、ティアラも襷もとれちゃったよ~も~。…ふはっ、みんなサイコー!ほんっとうに嬉しい!ありがとう!」
結局ろくに感動的なムードにならないでドタバタふざけて終わっちゃったけど、でも謙兄がとーーーーーってもよろこんでくれたので今年の謙兄のお誕生日パーティー、大成功です!!

『あーもう!謙兄真ん中!みんなちゃんと並んで!撮るよー?はい、ちーず!』
f:id:akinika2akinika:20140721193522j:plain