蛍光ピンクに思いを込めて

Like a Candy Paper Moon

この夏だけは、キミと共に。

 

今年の秋の帝劇はオールスターズ アイランドがまた始まるみたいだ。

出演者はジャニーズJr.のみ。

冬と同様、全員が主役だと謳っている。

きっととても賑やかで可愛らしくて華やかな舞台になるだろう。

 

発表された出演者は全29名。

KINGの3人、HiHi JETの4人、B少年の6人、

Princeの3人、Love-tuneの7人、Travis Japanの6人だ。

 

のえる君のコメントには、「6人で」という文字が入っていた。

 

 

 

 

 

「こんなに早く、裏切られるなんて。」

 

嘘みたいに残酷な言葉だけれど、このことを理解した瞬間に生まれたのはこの感情だった。

 

「美勇人くんはいつかLove-tuneを選ぶ時が来ると思うけど、らぶもとらも大好き!だからその時までらぶとらのこと大好きでいるんだ♡」なんて大真面目に言ってた自分の感情が滑稽で仕方ない。

 

 

 

美勇人くんが「最後ひとりになってもTravis Japanでいる」という言葉を言った時、嬉しくて嬉しくて嬉しかった反面、

あぁこの人はどこまでずるい人なんだろうって思った。

優しくて優しくて優しいのが美勇人くんの魅力だと思ってるけど、美勇人くんのそれは強さではなくてズルさなのかもしれないなって思ってた。

だって顕嵐ちゃんは自分の手で決めて本当に必要なもの以外は捨てて行ったのに、美勇人くんは本当に欲しいものを決められないで全部持って重たそうに抱えて進んでいたのはどうして?

 

何が本当に必要なのか分からなかったから?

手放した後にやっぱり必要だったって気付くのが怖かったから?

全部必要かもしれないって思ったから?

 

重たい荷物を抱えて歩いた美勇人くんは誰よりも優しくて強かったけど、優しさと同じだけズルさを感じてたよ。

いろんな人の思いを抱えて、抱えすぎて、重かったよね?辛かったよね?美勇人くん優しいもんね?重いとも辛いとも言えなくて、苦しかったよね?でも手放せなかったんだよね?大事に大切に抱えてくれてたんだよね?

もう落としていいよ?パッと手を離してくれていい。

きっと離してしまった人の思いは地面に落ちて粉々に砕け散るけど、そんなの美勇人くんは気にしなくていいんだよ?

粉々になったみんなの気持ち、キラキラしてて綺麗だよぐらいのこと言ってよ。

粉々に割れた破片を纏ってより一層にキラキラしてよ。

 

 

いつかきっと嘘になる。

そう思ってたから、美勇人くんはずるいなぁって思って笑えてた。

嘘になったとしても、そう言ってくれてありがとう。今は本気でそう思っていてくれるんだよね?って思えただけで嬉しかった。

 

 

だから、裏切られたなんて本当は思ってない。嘘になるって分かってたから。

私が100で信じてない約束を破られたって、裏切りだなんて言えない。

そんな言葉を使うのはただの被害妄想だ。

その時が来たんだな、って。そんな感じ。

 

嘘になるならこの言葉を言うべきじゃ無かったとも思ってない。

この言葉があったから、とらびすじゃぱんの7人のことを怖いくらい手放しで好きになれた。

この言葉があったから、らぶとぅんのことをちゃんと心から大好きになれた。

 

 

 

 

ねえ、 美勇人くんにとってTravis Japanって何だった?

前に進むのに邪魔な足枷だった?

都合の良い肩書きだった?

 

仲間だ、って。家族みたいだ、って言ってたのも、全部嘘じゃないってちゃんと知ってるよ。

美勇人くんがTravis Japanをちゃんと愛してたことほんとは全部知ってるよ。

 

 

だから笑って、安心して、手を離してね。

 

 

 

 

今年の夏だけは、まだ一緒にいられるって信じてる。

この夏だけは、きっと最後まで優しくて優しくて優しい美勇人くんでいてくれるって、信じてるから

大丈夫。

 

この夏だけは、大好きな13人でいてくれる。